プロ野球Freak

プロフィール

song

Author:song
「真っ直ぐだけ投げて空振りを狙うのは、意外と簡単なんですよ。ただし、疲れているときは除いて」
          *
5月27日、西武戦。3点リードの最終回に登板した球児は、いきなり四球と安打で無死一、二塁のピンチを背負った。最後の球は、いずれも変化球。甲子園にざわめきが走った、その時だった。
突如リミッターを外した球児は、直球勝負を挑む。3者連続3球三振。瞬く間に試合を終わらせた。
球児は言う。
「疲れをためてはいけないけど、自分の真っ直ぐを殺してはいけないという思いもある。ただ、相手にナメられたくはない、そういうときだけストレートを見せられたらいいと思ってる」
(Number 731より)

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ファミスタオンラインのブログ
3日のうち2日くらいは更新。ハンゲームのファミスタオンラインに関するブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

450リーグ
ファミスタでは珍しいイベント公式リーグが開催されていますね。

2012y05m27d_222008723.png

450だと、確かに低WP選手が中心になりますね。
まあ、合成は認められているので、最後は、そこ勝負のようにも思いますが(^^;)。

合成というか、ようはキャッチャーにリードスキルが付いているかどうかが焦点になるわけでして、
ほとんど合成していないうちのチームにはそんな選手がいるはずもなく……いやまてよ、
なんかいた気がするな…………。

いた!
2012y05m20d_174014119.png
そうだ。インサイドワーク狙いで合成しまくったときにリード1が付いていたんだ。
リード1では、大きな期待はできないとは言え、あるとないでは大違いです。
黒羽根のおかげで、WP30の先発で回すことができましたからね。


だが、結果は……。
2012y05m27d_221832329.png

クリーンアップスキルが付いている選手に3ランを打たれて、1試合、負けちゃいました。
このリーグで3点先制されると厳しすぎです。2点を取り返し、最終回に「ヒットが出れば同点」まで
いきましたが、そこで力尽きました(^^;)。

とはいえ、9勝1敗なら悪くないといえるでしょう。

なかなかオモシロイリーグでしたが、バントしかしない人がいたり、やっぱり最前列で
ヤマカンで振るだけの人がいたりしますね。もうちょっとチーム力を考えてプレイした方が
オモシロイし、勝率も高くなると思うのですが(^_^;)。




このリーグでとにかくよく見たのが、このリリーフです。
2012y05m28d_074800721.png
もちろん我がチームでも大活躍でした。
というか、先発のスタミナが全員低いので、全試合に登板した気がします
(全試合ではないかもしれない(笑)。とにかくたくさん投げました)。


ちなみにデッキはこんな構成でした。記録メモの意味も込めてアップしておきます。


2012y05m28d_075129081.png
松本、紺田でチャンスを作り、クリーンナップでなんとかするという流れです。
基本的な感じでしょうか。


2012y05m28d_075136620.png
WP30の先発でまとめました。まさか下柳をローテで使うとはなぁ。

結果的には、嘉弥真をほとんど使わなかったので、思い切って嘉弥真を外して、
WP20の代打にしてしまえば、さらに一工夫できたかもしれません。
が、うちのチームにはWP50でコスパが良いブラゼル、カブレラや、
WP45で主砲としても使えそうな高橋由伸がいないので、さほど変わらなかった気もします(^^;)。

それにしても、なんでここらへんがスロットで出ないのだろう。

ファミスタ・ブログ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://fmstblog.blog28.fc2.com/tb.php/740-412c10ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。