プロ野球Freak

プロフィール

song

Author:song
「真っ直ぐだけ投げて空振りを狙うのは、意外と簡単なんですよ。ただし、疲れているときは除いて」
          *
5月27日、西武戦。3点リードの最終回に登板した球児は、いきなり四球と安打で無死一、二塁のピンチを背負った。最後の球は、いずれも変化球。甲子園にざわめきが走った、その時だった。
突如リミッターを外した球児は、直球勝負を挑む。3者連続3球三振。瞬く間に試合を終わらせた。
球児は言う。
「疲れをためてはいけないけど、自分の真っ直ぐを殺してはいけないという思いもある。ただ、相手にナメられたくはない、そういうときだけストレートを見せられたらいいと思ってる」
(Number 731より)

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ファミスタオンラインのブログ
3日のうち2日くらいは更新。ハンゲームのファミスタオンラインに関するブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アオダモで1.5倍
がっつりと止まってしまったブログですが、ちょいといろいろありまして、
ブログの更新どころか試合をすることもできず、いろいろしていましたです
(ネット環境はあったので、トレードなんかは見たりしていたけど)。

10日ぶりくらいに試合をしてみますと、ピッチングは問題ないものの、
バッティングといいますか選球眼に違和感が(^^;)。
ボールを見極めることができず、ぜんぜん違う方に曲がっているというのに
ついブルンと振ってしまいます。

まあねぇ。ピッチングには動体視力は必要ないけど、バッティングには必要だもなんなぁ。
ちょっと試合をしないだけで、微妙なズレっておきるのですねぇ。
そのうち元に戻ると思いますが、それまではおそるおそるやりたいと思います。


おそるおそる試合をしているぼくなので、こっちでFPを増やしました。

2010y07m07d_184924540.png
エコというより、「自分で自分の足を食べるタコ」のような気もしますが(しょうもないことを……)、
とにかく少しでも得をするんですから、やるならここしかないでしょう。


ポチポチしまくった結果、こんな感じに。
2010y07m07d_184221879.png
まだもうちょっと交換できるので、20万FPくらいまではいくかもしれませんが、
意外と少ない気もしますね。というのも2009では、比較的早めにスロットに見切りを付けてFPを
貯め始めたので、選手カードの枚数が少なめだったんですねぇ。

早めに貯めた結果、(確か)30万FPくらい持ったまま2010に切り替わりましたから、
その分、2010の選手カードの枚数はハイペースで増えていますけどね。
今年はLHのおかげで、スロット中心チームとしてはかなり揃ってしまいました。
とはいえ、さすがにいまからFPを貯めるのは早すぎますから、
なんかFPを増やしたのはいいけど、友好的な使い道がないですねぇ。
合成でもするしかないのか?
(そういえば巨人チーム愛が7人で止まっているな。
あと2人、「阿部」と「亀井SPかラミレス」で完成なのだが……)。

ファミスタ・ブログ
Twitter「つぶやく」ボタン


この記事に対するコメント

お久し振りです!!
確かに久々の試合って全然感覚が違いますよね・・・・

って15万fp!!!!!
羨ましいです!!
【2010/07/07 21:38】 URL | R・ブライアント #- [ 編集]


>R・ブライアントさん
コメント、もらっていたのに放置ですいませんでした(^^;)。
そちらのブログもぼくのRSSリーダーに登録したので、
毎回、拝見しますですね。よろしく~。
【2010/07/08 12:09】 URL | song #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://fmstblog.blog28.fc2.com/tb.php/552-9d26de3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。