プロ野球Freak

プロフィール

song

Author:song
「真っ直ぐだけ投げて空振りを狙うのは、意外と簡単なんですよ。ただし、疲れているときは除いて」
          *
5月27日、西武戦。3点リードの最終回に登板した球児は、いきなり四球と安打で無死一、二塁のピンチを背負った。最後の球は、いずれも変化球。甲子園にざわめきが走った、その時だった。
突如リミッターを外した球児は、直球勝負を挑む。3者連続3球三振。瞬く間に試合を終わらせた。
球児は言う。
「疲れをためてはいけないけど、自分の真っ直ぐを殺してはいけないという思いもある。ただ、相手にナメられたくはない、そういうときだけストレートを見せられたらいいと思ってる」
(Number 731より)

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ファミスタオンラインのブログ
3日のうち2日くらいは更新。ハンゲームのファミスタオンラインに関するブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

林SPは岩SPとして使っていいのか?
ぼくがこの時間にスロットを回すのは、けっこう珍しいような気がします。
なんとなく寝る前に「なんかいいのが出るまで回してみよう」と思ってしまったのですが、
1500FPほどでスペシャルが出てくれました。よかった、これで寝れる(笑)。

林SP 左右の変化量を考えると、なかなかおもしろい存在か?
2008y05m17d_224745921.jpg


というわけで、サイドで方程式が付いているとなると、
岩SPと比べてみたくなるのは当然でしょう(前と同じようなフレーズだ(笑))。

再掲載 岩SPとMICHEALSP
2008y05m09d_084636640.jpg

まったく同じ装備でスキル発動した林SP
2008y05m17d_225425296.jpg

フォーク37Dは、ちょっと投げづらい数値です。
まあ、落ちるかどうか微妙なので、打つ方も混乱する数値ではありますが。

左変化53Bはすばらしい変化量です。
サイドでこれだけうねっと曲がると、うまく使えばかなり打ちにくいはず。
岩とは違うタイプのサイドと考えて使えば、やっぱりおもしろい存在かもしれません。

少し不安なのが、球威。元の球威41C+スキル発動プラス7 = 48C しかないのです。
決して低い数字ではないのですが、岩SPと比べると少しだけ不安です。

でも、同じく変化量で勝負するタイプの菊地原SPと比較すると、48Cあればなんとかなる気もします。

 菊地原 43C + スキルでプラス7 = 球威50B
 林    41C + スキルでプラス7 = 球威48C

というわけで、結論。

林SPは、
・変化を強化するスパイクは付けない。もし付けるなら下変化+5ではなく、右変化+5を
・基本的にフォークは使わない。左右の変化でかわす投球をする
とすれば、けっこう使えそう。

これが完成形
2008y05m17d_232409328.jpg


この記事に対するコメント

すごいや、またまた更新されてる(*´ェ`*)
一日に何度も来てる甲斐がありますわ♪

林SP,フォークがなくてもこの球速でこれだけ左右に曲がるとまず打てないんじゃないでしょうか(;゚Д゚)

【2008/05/17 23:59】 URL | まろん #dMtXu4sA [ 編集]

どうもです
1日に何度でも、歓迎いたしますです。

林SP、こそっとすごそうですよねぇ。
対左の菊地原より、勝っているときは1イニングきっちり発動する林SPの方が
いいかもしれません。使う価値ありです。
【2008/05/18 08:41】 URL | song #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://fmstblog.blog28.fc2.com/tb.php/100-759046df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。