プロ野球Freak

プロフィール

song

Author:song
「真っ直ぐだけ投げて空振りを狙うのは、意外と簡単なんですよ。ただし、疲れているときは除いて」
          *
5月27日、西武戦。3点リードの最終回に登板した球児は、いきなり四球と安打で無死一、二塁のピンチを背負った。最後の球は、いずれも変化球。甲子園にざわめきが走った、その時だった。
突如リミッターを外した球児は、直球勝負を挑む。3者連続3球三振。瞬く間に試合を終わらせた。
球児は言う。
「疲れをためてはいけないけど、自分の真っ直ぐを殺してはいけないという思いもある。ただ、相手にナメられたくはない、そういうときだけストレートを見せられたらいいと思ってる」
(Number 731より)

FC2カウンター

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ファミスタオンラインのブログ
3日のうち2日くらいは更新。ハンゲームのファミスタオンラインに関するブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【勝利への道】投球術2 ゾーン理論
「ゾーン理論」とは……なんか名称を付けた方がいいかな、と思ったので、
たったいま考えた名称である……(笑)。

*

さてさて。ファミスタの投球は基本的に縦の変化がありません。
右に変化するか、左に変化するか。
2Dの世界で変化させるしかないのです。
フォークボールがあるにはありますが、縦の変化と言うよりは、
落ちるか、落ちないかの二択ですから、変化とは呼べないでしょう。

必然的に投球パターンが少なくなるのですが、そこであきらめたらおしまいです。
少しでもいろんなパターンを投げた方が相手バッターを打ち取る確率は、
高いわけですからね。とにかく「工夫して、いろいろ投げるべき」です。

*

具体的にどう考えてみるか。

投球するときにまず「どこへ投げるか」を決めるはずです。
外角へ投げるのか、内角に投げるのか、ということですが、
それを簡単に表で説明すると、こんな感じでしょう。

どこへ投げるかをまず決める。
ABCDEFGなので、目標位置は7ゾーンとなりますね。
2009y06m30d_095550703.jpg
さくっ書くと、ABに投げるぞ~と見せかけてFGに投げれば、まず打たれないでしょう。
BCかEFに投げるぞ~と見せかけて、真ん中のDに投げちゃったりする場合もあるでしょう。
それが投球術というものです。プロ野球でいう、「リード」というヤツです。

*

さらに加えるなら、プレートのどこから投げるかによって、
変化球の曲がり方(というか、軌道)が微妙に変わりますから、それも工夫するべきです。
2009y06m30d_095608406.jpg
プレート位置が3パターンあるので、
さっきのA~Gの7ゾーン×3パターンで21パターンとなります。
例えば、「プレート左からFに投げる球」と「プレート右からFに投げる球」では、
ボールの軌道はまったく違います。

そして
普通の投球で21パターン。
速球による投球で21パターン。
フォークで21パターン。
合計63パターンの投球が可能です。

(とりあえず説明用として機械的に計算したため、63パターンになりましたが、
表のGゾーンはデッドボールになりやすいので、実際に投げるときは工夫が必要です^_^;)
また、AとかGにフォークは投げられないでしょう。
したがって、実際のパターンはもっと少ないですね)。

*

なるべく簡潔にしたかったので、説明不備な点もあると思いますが、
言いたいことの大枠は書けたと思うのですが、どうでしょうね。
この大枠を意識することが、投球術のスタートでしょう。

冒頭で「「工夫して、いろいろ投げるべき」と書きましたが、
こういう感じに考えて「いろんなパターンを駆使して、投げるべき」という意味でございますですよ。

*

と、長々と書きましたが、いろいろ工夫しても
「ボールは完全に見送り、ストライクだけを打つことができる人」を完全に押さえることは
難しいと思います。
なので考え方としては「完全に押さえる」ことを目標にするのではなく、
「大量点を取られてもおかしくなかった展開だけど、いろいろ工夫して2点で終わったのでOK」
くらいの気持ちでないと、やってられません(笑)。


スポンサーサイト
【勝利への道】投球術1
投球術……と書くと、なんかすごそうなのですが、
まずは、とっかかり編というか、また入門的なことになります。
今回は1ということで、そのうちシリーズとして続けて書く……と思います、たぶん^_^;)。

さて、「投球術とか言われてもぜんぜんわかんないよ」とか、なる人もいると思うのですが、
ぶっちゃけていうならば「まずはボールをたくさん投げましょう」とかなります。

本物のプロ野球だと、コントロールが良い投手と悪い投手がいるので、
意図的にボールを投げさせるべきかどうか、キャッチャーはかなり悩んでいると思います。

しかし、ファミスタにはコントロールという概念がありませんので、
プレイヤーがボールにしようと思えばボールにできるし、
ストライクにしよう思えばいつでもストライクにできます。
そう、クルーンだって、いつでもストライクが投げられるのです(笑)。

どんな投手でも、3つもボールが投げられるのです。
それを利用しない手はないのですよ。

ファミスタでは、けっこうみなさん、ボール球を振ってきます。
振ってくれるんだから、とりあえずボールになる球を投げるべきです。
……なんて、簡単な理論なのでしょう^_^;)。

特に初球は、基本的にボールから入っていいと思います。


注意点というか、相手の強さを計る基準として、
ぼくがけっこう試してみるのが、
「ノーストライク2ボールから、さらにボールかフォークを投げる」なんてことをしてみます。

これで、振ってくる人は、大丈夫です。選球眼が超A級ではないと思うので、
根気よく、ボールとストライクを投げ分けていれば、なんとかなることが多いです。

問題は、それでも見送ることができる人です。
このときは、キビシイ戦いになることまちがいなし!
単純にボールとストライクを投げ分けているだけでは、勝負にならないかもしれません。

でも、そういう人相手でも、やっぱりあきらめずにボールは投げるべきです。
「どうせボールを投げても見送られるから……」とストライクだけ投げていたら、
ボコボコのバコバコになりコールド負けするでしょうから……^_^;)。






【勝利への道】装備品は裏切らない
また、とっても基本的なことになりますが、
もし、限定2をよくやるけど、まだ装備品をほとんど揃えていない(=重要だと感じていない)のだと
したら、いますぐFPを貯めて、装備品をドンドン揃えていくべきです。

どの装備品から揃えていくべきかは、好みと使いたい選手によって変わると思いますが、
とりあえず
「クリーンアップ用にパワー+5バットを3本」
「セットアッパーとクローザー用に球速+5グローブを2個」
「先発用に球威+5グローブを1個」
なんかを用意しておけば、なんとかなるんじゃないでしょうか。

余裕があれば、さらにちょこちょこ揃えていきましょう。
例えば、森野09を外野で使うなら、守備+5グローブがほしいです。
中島09をショートで使うときも、守備+5グローブがほしいですね。
青木09なんかは、パワーを上げて使うと、ヒットもホームランも量産する、まったく違う打者に
変貌します。

そこらへんは、自分の使いたい選手の能力を考えながら、やってみるしかないです。
もちろん、自分がどういうスタイルで試合をするかにもよるでしょう。

12月~2月くらいのそろそろ来年度の選手カードに切り替わるのを待つ時期になると、
スロットをする気力もなくなるので、普通はFPが貯まっていきます。
このときに一気に装備品を揃えてしまうと、次の年、とても楽ちんになるので、
それもアリでしょう。
まぁ、FCで買える人は、いつでも買えちゃうわけですが^_^;)。

*

そして、もし限定1でも、装備品で有利になりたいと思っているのなら、
毎月、お得セットを買っていくしかないでしょう。
そうです。WP0で能力が+2される装備品を揃えるのです。

でも、1つ2つ揃えても、あまり意味がないので、やるなら1年くらい
毎月、買い続けていく必要があります^_^;)。
ピンポイントで狙うなら、「WP0でパワー+2バット」だけでも揃えていけば、
いいと思いますですね。

ただ、この限定1の方法は、「パワー58より60の方が打ちそうな気がする」という
気持ちの問題を解決するだけかもしれません^_^;)。
まあ、納得しながら試合をするのと、なんか納得できないなと思いながら試合をするのでは、
前者の方が気持ちいいと思いますが(やっぱり、気持ちの問題か?)。

*

装備品は、裏切りません。
どのリーグでも装備できますし、年度が替わっても、そのまま使えます。
もろちんスキルのような発動条件もありません。
確率でいうと発動率100%です(当たり前だ^_^;))。

特にカードが切り替わり、選手が集まっていないときに装備品があるのとないでは、
大きな違いが出ると思います。

あまり役に立たないスキルが付いているSPより、装備で強化したノーマルの方が
強い場合もけっこうありますですよ。


【勝利への道】強い人と戦おう
あっさりさくさく説明しますと、
強くなるためには、自分より強い人と試合をするのが近道だと思います。

公式戦の勝敗結果は、かなり運にも左右されますから、あまりあてにできませんし、
「全勝よりも満足な9勝1敗」があったりしまからね。

ようするに
「負けたけど、あのクラブのリーダーとの一戦は痺れたなぁ」とか、
「2アウトランナー無しからサヨナラを食らうとは……やってくれるぜ。次に会ったらリベンジだ」
とか思えたりするってことです。


同じクラブ、フレンドにめちゃめちゃ強い人がいるなら、その人と対戦するのが
手っ取り早いのですが、毎日、試合を申し込むのも気が引けるでしょうし、
その人と、いつも同じ時間にファミスタにインできるとは限りません。
そもそも「同じクラブ、フレンドだと、あまりガチンコの試合はできないなぁ」とか、なりがちですし^_^;)。

じゃあ、どうすればいいのかというと、
低WPデッキで、高WPリーグに入り、試合をすればいいのです。

いちばんわかりやすいところだと、
限定1のWP700デッキで、限定2(WP1135)に入り、試合をすればいいのです。
ぼくもたまにしますけど、試合にならないなんてことは滅多になく、
けっこう普通に勝てたりします。

どれくらいのデッキで、どのリーグの試合をするかは、自分で試すというか、
調節してみてください。

ちなみにぼくがいままでやった最大WP差は「525デッキでスタメンリーグ」というのが、あります。
さすがにコレはきつかった(笑)。
でも、サヨナラ負けしたけど、試合にはなりましたよ。

消化試合でいいから、腕試しだと思ってやってみるのもいいんじゃないですかね。


いまはないけど、ちょっと前は「スタメンリーグ」ってのがありました。
いまでいう無制限リーグみたいなもんです。


【勝利への道】選球眼 1
ファミスタは、選球眼である。
以上、おしまい……で終わるはずはないです。

というわけで、「選球眼について」です。

ファミスタで勝つためにに最も重要になるのがこの「選球眼」だと思います。
そりゃそうですよね。どんなにがんばってもボールを振っているようでは、出会
い頭のホームランで得点が入るだけで、強い相手に勝つことは難しいでしょう。

では、この選球眼とはなにか?
1.ボールを振らない
2.ストライクなら振る
3.フォークは振らない

この3点に集約されるような気がします。
これをマスターすれば、飛躍的にファミスタが強くなるわけですが、マスターで
きないからこまっているわけですね。はい。

「3点」と書きましたが、この場合、ピッチャーが投げた球を打つ瞬間、同時に
「3つのことを判断する必要」があるわけです。でも、いきなりそれをしろと言
われても、なかなかできるもんじゃないです。

では、どうやってマスターすればいいのか?

まずは「ストライクゾーンにきた球だけを振る」という「1点」に絞ってみてはど
うでしょうか?

「ボールを振らない」&「ストライクは振る」&「フォークは振らない」と3つ
のことをいっぺんに考えるから、話がややこしくなるのです。

「ストライクゾーンにきた球だけを振る」をマスターしてから、次のステップに
進めばいいんじゃないですかね?

「ということは、ストライクゾーンのフォークボールも振ることになるけど、そ
れでいいのか?」という疑問がわくでしょうが……とりあえず振っちゃいましょう。

フォークボールは100%落ちるわけではありません。落ちないフォークを高い確率
で打てるようにしてしまえば、フォークは振っていても意外となんとかなります。

そもそも強い人でフォークを多投する人は少ないので安心してください。
ぼくはけっこうフォークを投げますけどね(笑)。

(なんか、すごい初心者向けの1発目になった気がするけど、まあいいや)。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。